サステナビリティ

トップページ > サステナビリティ > 地域社会への貢献
CONTRIBUTION

地域社会への貢献



地域社会への貢献_イメージ


基本的な考え方

私たちはマリンスポーツに携わる企業であると同時に、御前崎の地域社会の一員でもあります。
海の環境保全や未来を担う子どもへの海洋教育を通じて、永続的に地域貢献を果たしていきたいと考えています。




地域社会への取り組み

地域と手を取り合い、海の安全を守ります。
そして地元の子どもたちに御前崎で育った誇りを
身につけてほしいと願っています。

私たちオンズカンパニーのメンバーは、かつて全員がプロウインドサーファーでした。
サーフィンが上手になる一番の近道は、ここ、御前崎に住むことだと感じた私たちは現役選手時代に静岡県外から御前崎に移住。
この海に育てられ、一人前のウインドサーファーになったのです。御前崎の海は日本一のゲレンデです。
今、育ててくれた海への恩返しを、地域の方と連携しながら行っています。

御前崎の海

海上パトロール

『渚の交番』としての活動

マリンスポーツ愛好家にとって最高の波が来る御前崎の海は、一方で波の高さや風の強さ、潮の流れが周囲の海水浴場とはちがう、やや危険の伴うフィールドでもあります。
『渚の交番』は、私たちが役員となって御前崎市役所や地元の方々、支援してくれる財団と連携しながら、沿岸や水上バイクでの海上パトロール、海の環境保全までを担い、海を護っています。御前崎の海で安心してマリンスポーツを楽しめる環境を作っていきたいと考え、行動しています。


地元の小学生にマリンスポーツを
通して海洋教育を行う活動

雪国の子どもがスキーやスケートをするように、海の近くで生まれた子たちがマリンスポーツに親しみ、御前崎出身であることに誇りを持ってほしい。その思いから、市内に全5校ある小学校の体育でマリンスポーツを教えています。未来の海を託す子どもたちに技術だけでなく、しっかりとマナーも教育しています。たとえば「砂浜にゴミを捨てるのはとてもカッコが悪くて、クールじゃないんだよ」というふうに。「渚の交番」の事業の一環として、「御前崎ウインドサーフィンクラブ(OWC)」の活動もあります。クラブ卒業生の中には、日本1位を獲得し、世界ランキングでトップテン入りしている選手も。その背中を追い掛け、同じ日本のランキングで2位となり、世界の海に出場しているのもOWC卒業生です。

子どもの教育にも携わっている私たちは、「子どもに恥じない大人であること」を社会とのエンゲージメントとしています。

海洋教育1

海洋教育2



  • CONTACT

    商品やお店に関することなど、お気軽にお問い合わせください。

  • tel.0548-63-5851

    受付時間:月〜金曜 10:00~18:00 (土日祝は除く)